①基本的な製本スタイル
最も基本的なリング製本のスタイル。表紙と裏表紙が分かれているので、ページを360度回転させることができます。
②壁掛けカレンダー
用紙中央に半月形の穴を開け、ハンガーを挿入して、壁にかけることができるようにします。各月のページは破る必要がなく、裏に回すことができます。
③卓上カレンダー
テーブルに立つように工夫された台紙を挟んで製本します。
④パブリッシャー式(Publisher binding style)
一体カバーが逆に開くので、背表紙が平らになり、タイトルの識別が容易になります。サンプル帳によく用いられます。
⑤表紙反転式(Reverse binding style)
リングは隠されて背表紙が平らになります。表紙の後袖は糊付けされるか、そのままに置かれます。
⑥裏表紙綴じ方式(Back cover binding style)
リングはほとんど隠れますが、部分的に裏表紙に現れます。背表紙は平らなのでタイトルが見やすくなります。
⑦カナディアン式(Full Canadian binding style)
リングは隠れますが、表紙と裏表紙に一部が現れます。背表紙は平らなのでタイトルが見やすくなります。
⑧背面糊付け方式(Glued back binding style)
リングが挿入された短冊の背面が、背表紙が平らな一枚物のカバーに糊付けされます。リングが隠れ、背表紙に印刷が可能です。
⑨ケース糊付け方式(Cased in binding style)
通常に綴じたものをハードケースに糊付けします
⑩ポケット式(Pocket binding style)
リングで綴じられている表紙をカバーの袖に入れます。手帳やダイアリーによく用いられます。
⑪リング準露出式(Semi-exposed binding style)
一体くるみカバーを用います。リングは本の背表紙に一部が現れます。
⑫コンシールド式(Concealed binding style)
リングは完全に隠れるので背表紙には現れません。本は平らに置くことができます。豪華な料理本や図録によく用いられます。



戻る トップページへ



【閉じる】

Last update : 2021/1/1