オフィスや学校でのリング製本に最適の製本機をご紹介します。先ずはお見積りをご依頼ください。


卓上ダブルリング製本機
バインダー3・2

※米国ではバインダー3は、Akilesの商標、WireMac31の製品名で販売されています。

・ これ1台で用紙の穴あけ(手動)とダブルリング製本を実現。
・ 最長綴じ幅は360mm。
・ 一般的なコピー用紙であれば、一度に20枚までの穴あけが可能。
・ マージン調整ノブを用いて用紙の端から穴までの間隔を自由に調節可能。

ワイヤバインダー3
・ 穴の形状は4mm×4mmの角穴*。40本の穴あけピンはすべて抜き差し可能。
・ 3:1ピッチのすべての直径のリングに対応。
(*直径4mmの丸穴もご用意できます。)

ワイヤバインダー2
・ 穴の形状は4mm×5.5mmの角穴。27本の穴あけピンはすべて抜き差し可能。
・ 2:1ピッチの5/8"~1 1/4"のリングに対応。
カタログのダウンロード


卓上ダブルリング製本機
ワイヤマックE31

※米国ではワイヤマックE31は、Akilesの商標、WireMacE31として販売されています。

・ ワイヤバインダー3の上位機。穴開け機能を電動化。
・ 3:1ピッチのすべての直径のリングに対応。
・ 最長綴じ幅は360mm。
・ 高耐久性モーターを採用。一般的なコピー用紙であれば一度に20枚までを穴開け。
・ 逆回転機能により、紙が詰まってもすぐに取り除けます。
・ 穴の形状は4mm×4mmの角穴。40本の穴あけピンはすべて抜き差し可能。
・ マージン調整ノブを用いて紙の端から穴までの間隔を自由に調節可能。
・ 穴あけの操作にはフットペダルを採用。
カタログのダウンロード


電動ダブルリング製本機
PB3300

・ フランスのJBI社製。
・ 穴あけも綴じもすべて電動。
・ パンチツールの交換により、穴のピッチ、形状を選べます。
・ 製本可能な文書サイズは最長330mm。
・ リングは1/4"から1 1/4"まで使用可能。
・ 穴あけピンは格納式。ピン数を紙のサイズに合わせて調整可能。
・ 穴あけおよび綴じ機能の誤作動を防ぐフォトセルを採用。
・ 紙詰まりを簡単に取り除く逆転スイッチ。
・ 穴あけ能力は、一般的な用紙で1回につき最多25枚。
・ 電源:220V 三相 50Hz。
・ 寸法:高さ350ミリ、幅450ミリ、奥行き650ミリ 重量:35キロ
カタログのダウンロード


Last update : 2018/5/9